新しいお葬式?生前葬は日本で広がるか

お葬式といっても、一般葬、社葬、家族葬などいろいろなスタイルがあります。時代のニーズの変化とともに、お葬式の形態は年々変容し、なおかつ広がりを見せています。その中でも、まったく新しいお葬式として日本でも定着しつつあるのが生前葬です。

死後ではなく、生きているうちにお葬式を実際に体験してしまおうという発想で、仕事をリタイアしたシニア世代などに人気があります。生前葬というと何となく「縁起が悪い」と思われるかもしれませんが、実際に生前葬を体験した方々に聞いてみると、人生観が一気に変わるようで、終活や身辺整理についてあらためて深く考えるきっかけになった、と考える人も少なくはありません。

生前葬の大きなメリットは、理想の葬儀について具体的にイメージできること、そして、自分をささえてくれた人たちとのつながりを感じることができることです。棺のなかに入ると、人は少なからず人生を振り返るものであり、残された時間を少しでも有意義に過ごす道筋について思いをめぐらせるといった傾向があります。

生前葬を経験することで、それまで関係性が希薄だった家族や友人とのつながりをより深く意識するきっかけになり、終活にむけて関係性を見直すチャンスになるケースもあります。生前葬の費用についてはあらかじめ葬儀社に問い合わせるなどして、比較検討するとよいでしょう。